2009年03月31日

網入りガラスと防犯フィルムつきガラスはどっちが強い?

網入りガラスはガラス内に金属ワイヤーが埋め込まれているのでとても強そうですね。
でも、網入りガラスは防犯用ではないのです。
防火のために使われているもので、熱でガラスが割れた時に、中のワイヤーで
ガラスが飛び散らないようにして、火の延焼などを防ぐというものなんです。
なのでハンマーなどで壊した場合は、むしろ泥棒にとっては好都合になってしまうんです。
なので防犯用には、防犯フィルムのほうが強いというわけです。
posted by ボウハン at 21:04| Comment(0) | 防犯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車にも防犯フィルムが有効

一度は耳にした方も多いと思いますが、最近は駐車場などに置いてある
車を狙った車上荒らしが急増中です。空き巣などの泥棒よりとても多いそうです。
少し前までは車の鍵を壊してのやり方が多かったのですが、
最近は大胆に窓ガラスを破壊して短時間で犯行を行うやり方が増えているようです。

防犯フィルムをつけていない通常の車では、
窓ガラスをハンマーなどで壊して開けるまで3秒たらずでできるようです。
しかし防犯フィルムを貼った窓ガラスでは、壊して開けるまで1分以上の時間がかかります。

車上荒らしの被害の平均金額は約8万円だそうです。
もちろん窓ガラスも割られているわけですから修理もしなくてはなりません。
修理費用の平均金額は約7万円。
総額で約15万円ものお金がかかってしまうんです。

いまのうちに車への防犯フィルムの検討をしてみるのもいいですね。
posted by ボウハン at 21:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。